血糊と血液は見た目はそっくりですが、シミ抜きの方法は異なります。

 

血糊のシミ抜きの練習をしても、なかなか実際にはシミ抜きする機会はありません。

しかし、10月のハロウィンの時などに、うっかり付けてしまう人がいるかもしれません。

何も言われなければ、血液と血糊は、見た目区別が付きづらいですが、シミ抜き方法は全く違うので、クリーニング屋さんにシミ抜きを頼むときはその旨を言ってもらえればと思います。

血液はタンパク質を、血糊はインクを落とす作業が主になります。

なので、使用するシミ抜き剤が異なるんです。

付いてすぐの血糊のシミ抜き方法を動画にしてみました。

 

 


にほんブログ村

 

血を抜きます。

 

茨城県は学校の夏休みも本日最終日。

当社では学校合宿用貸し布団の回収もほとんど終了。

回収した貸し布団の中に血液のついた枕カバーがありました。

今回は枕カバーに付いた血液の染み抜き方法を動画にしてみました。

血液のシミも、その他のシミと同様、時間の経過によって染み抜き方法が異なります。

付いてすぐであれば、石鹸でこするだけでも落ちます。

今回は付着後1週間位経ったシミなので血液除去剤を使用しました。

 


にほんブログ村

布団についた血液の染み抜き

 

最近は布団のクリーニングより着ぐるみのクリーニングをやっている貸しふとん屋のクリーニング師達蔵です。

さて、最近は学校合宿用貸し布団が戻ってきて、丸洗い前の点検作業をしています。

敷ふとんに時々血が付いてきたりします。

今回の血液のシミは付着してから数日経った血液です。

その場合には、通常衣類に使っている染み抜き機では落とせません。

クリーニング屋さんでは結構使用している人が多い超音波染み抜き機でシミを落とします。

シミ抜き剤を使わずにどのくらい落ちるのか動画にしました。

以下の動画を御覧ください。

もう少し落とそうと思ったら、漂白作業をしますが、今回はこれまで。

 


にほんブログ村