クリーニング屋がいらなくなる?

 

イオンから9月上旬に、水で洗うウール100パーセントのスーツが発売された。

価格18800円(税別)

税込み20304円。

約2万円で洗濯機で洗えるスーツが買えるようになった。

このスーツの特徴は生地の繊維にスケールオフ加工をしている点。

ウール品は水でもみ洗いすると縮みます。

これは繊維表面のスケール(うろこ状の表皮)の先端が立ち上がり、スケール同士のかみ合いが生じ、絡み合ってしまうことが原因です。

水で洗っても縮まないようにするには、スケールの先端を取り除いてしまうか、スケールの先端が立ち上がらないようにすることなどが考えられます。

そのような処理加工をスケールオフ加工といいます。

スケールの先端を取り除いてしまう代表的な方法が「酸化法」。

スケールの先端が立ち上がらないようにするのが「樹脂法」。

どちらの方法も防縮できますが、ウール本来の特性が保持できませんでした。

ウールの特性
熱伝導率が低いので、冬は暖かく、夏は涼しい
吸湿性に優れる
空気中の湿気を吸収し、水分が蒸発するときに気化熱を奪うため、夏は涼しく感じる
染色性が良く、色落ちしにくい
弾性が高く型くずれしにくい、しわになりにくい
しわになっても、蒸気を当てると簡単に戻る

等々

 

その欠点を克服したスケール加工が「オゾン処理法」

この新しい防縮加工法は、糸を紡ぐ前段でウールにオゾンを反応させ、繊維表面のスケールの性質を変えてしまうというもの。

濡れてもスケールの先端が立ち上がらなくなる。

スケールが除去されたり、樹脂で覆われたりしないので、ウール本来の特性が保持でき、毛玉になりにくい。

良いことばかりのような気がしますが、水に濡れてもスケールが開かないということは、放湿性の面で本来のウールより劣る気がします。

それでもその快適さより、クリーニング代を節約したいという要望のほうが大きいんでしょうね。

イオンのスーツがどのスケールオフ加工をしているかわかりませんが、本来のウールの特性を超える製品が出るのはもう少し先になりそうです。

それでもクリーニング屋さんが大変になっていくことは間違いないです。

スーツを家の家庭用洗濯機でザブザブ洗うのが当たり前になっていきそうです。

 


にほんブログ村

スーツをクリーニングに出さない時代が来る?

 

家庭で洗えるウォッシャブルスーツが様々なメーカーから発売されている。

 

<イオン>

ウォッシャブルスーツ

忙しい毎日。ビジネスウェアにかかる時間や手間とは、もうおさらば!
ビジネスを、もっとスマートに。
洗って・干して・すぐ着れる。ノーアイロンでキマるビジネスウェア。

http://www.aeonretail.jp/campaign/business/special/style.html

 

<AOKI>

ウォッシャブルスーツ

「安心して洗える、使える」をコンセプトにしたアオキの洗えるスーツ。

https://www.aoki-style.com/static/premiumwash/

 

<洋服の青山>

アクアウォッシュスーツ

シャワー・洗濯機のどちらでも洗えるスーツ。汗などの汚れからシミ、ニオイ等も水洗いで簡単に落とせる。
強力な折目耐久性で、型崩れ・縮みに強い。ウール100%(48,000円~)

http://www.y-aoyama.jp/campaign/washable_suit/?lc=topBnr

 

これらの他にもいくつか「洗える」と謳っているスーツはあります。

が、それらのスーツはそれなりに欠点もありました。

例えば、

・洗うと言っておきながらシャワーでお湯をかけるだけ

・洗剤は中性洗剤じゃなければだめ

・仕上げに蒸気を当てなければシワが取れない

・洗濯ネット必須

等々。

 

ところが、今回コナカからすごいスーツが発売された。

 

<コナカ>

ウルトラウォッシュスーツ

主な特徴

・洗濯ネット不要

・普通洗剤も使用可能

・乾燥機による乾燥可能

・ノーアイロン

https://www.konaka.jp/fs/konaka/c/suit

通常価格49000円~だがネット価格は34000円~

 

スーツも本当に普通に洗える時代の到来です。

あとはボタンとファスナーの耐久性がどのくらいあるかでしょうね。

クリーニング屋にとってはますます大変な時代になってきました。

 


にほんブログ村