おせっかいクリーニング(TVを見ての感想 その3)~おせっかいクリーニングの内容について~

 

ここからが「おせっかいクリーニング」といわれる内容。

検品作業。

20人で行っているとのこと。

毛玉取り。

ボタン付け。

3人の縫製職人による修繕。

ほつれ直し。

しみ抜き。

確かにこれが無料なのはうれしいサービスですよね。

専務も言っている通り「普通の会社は採算が合わない」んです。

普通の会社はと言っていますが、おせっかいサービスを除けば、リナビスさんも結構普通のクリーニング屋さんですよ。

個人事業から大型店への過渡期なだけです。

昔は取次店をたくさん出店して、品物を集荷しましたが、現在はインターネットを使って集荷するという違いだけです。

つまり、大型店舗ですら採算が合わないのに中小のクリーニング屋なら言わずもがなです。

このサービスが採算が合わないなら、どこかでそれ以上に儲けているか手を抜いているかです。

 


にほんブログ村

 

クリーニング屋が洗濯教室を開催する?

 

7月に都内で

「クリーニング店様のためのお洗濯教室を開催するためのセミナー」

が行われるらしい。

クリーニング屋が消費者に洗濯のことを何も教えていない現状を見て、業界関係者がセミナーを開催することにしたらしい。

クリーニング屋という洗濯に携わるプロが情報を公開することで、信頼度がアップ、業界の格の向上につながることを教えるセミナー。

確かに情報を発信するのは難しい。

私も何を、どのくらい、どの程度、どの範囲で、どんなふうに情報公開して良いのかいつも迷いながらブログを書いている。

どのくらいの人がセミナーに参加するのだろう。

たくさん参加したら、そのうち皆さんの街で「お洗濯教室」が開催されるかも。

 

本日のしみ抜き

シミが付いたもの 体操服

組成 綿 55%

ポリエステル 45%

シミの種類 墨汁

洗濯 未

加熱 無

墨汁のシミはついてすぐでも落としづらい。

墨おとし

一応墨を落とすシミ抜き剤はありますが、これで墨汁は落ちません。

墨より墨汁のほうがいろいろな成分が入っているぶん、落としづらいんです。

3種類くらいのシミ抜き剤を使用してなんとか落としました。

薄くついた墨汁はきれいに取れますが、ガッツリついた墨汁は芯が残ることがあります。

仮に当社で「洗濯教室」をやるとして、これを家庭でやるときはどうしたらよいか。

う~ん。

クリーニング屋に持っていってください、としか言いようがない気がします。

しいて言うなら、石鹸をつけて一生懸命もんでくださいくらいしか思い浮かびません。

石鹸でこすっても落ちないと思いますが。

それで落ちなければ諦めてください。

これをクリーニング屋に出してしみ抜きしたら、結構な金額になってしまうような気がします。

 


にほんブログ村

 

子供の体操服の汚れが取れなくてお困りの方へ

 

毎度のことだが、よく分けのわからないシミを子供が体操服につけてくる。

洗濯機で落とせないシミは一体何なのだろう。

 

シミが付いたもの 体操服

組成 不明

シミの種類 不明

シミの大きさ 約5mm

経過時間 1日

洗濯 済

加熱 あり

油性のシミだったようで、油性処理ですぐに綺麗になりました。

とりあえず洗濯で落ちない場合は、洗剤の原液を擦り付けて手もみをするか、再度洗う。

それでも落ちなければ、いま行っているクリーニング屋さんに持って行くのが良いと思います。

付いてすぐなら、簡単に落とせると思います。

(油性のシミ限定ですが)

 


にほんブログ村