おせっかいクリーニング(TVを見ての感想 その13)〜仕上げ場の天井について〜

 

これはリナビスさんの仕上げ場

これはリナビスさんと同業の神戸ランドリーさんの仕上げ場。

どちらも天井がありません。

茨城県は仕上げ場に天井がないとクリーニング所の許可が出ません。

蛍光灯も埃が乗らない形状じゃないとダメなんです。

保健所に問い合わせをしました。

茨城県では厚生労働省の通達を受けて、条例を制定し、仕上げ場は塵埃が落ちないまたは落ちずらい構造にしなくてはならないとしているとのこと。

あくまで条例なので、各都道府県で若干のばらつきや、表現の違いはあるが、大体は同じような規制になっているはずとのことでした。

兵庫県は条例が緩いのか、厚生労働省の通達を無視しているのか。

茨城県の保健所は毎年必ず検査に来るし、指導も厳しくされるので、業者からすると面倒な面も多々ありますが、それだけ消費者のことを考えているんでしょうね。

誰だって揉めたくないのに憎まれ役を買ってまで指導するのは、消費者を思ってのことでしょうからね。

茨城県の保健所はたいしたもんだと思います。

正確に調べてみました。

(土浦保健所の言っていることを疑っているわけではないんですが)

茨城県では「クリーニング業法の規定に基づき営業者が講ずべき必要な措置を定める条例」があります。

この条例の茨城県条例第60号 第2条(6)ウに「仕上場の天井は、じんあいの落ちない構造とすること」とあります。

クリーニング師の試験も各都道府県で違うから、クリーニング所の規制も違うんですかね。

 

 


にほんブログ村

 

おせっかいクリーニング(TVを見ての感想 その7)~受注数について~

 

おせっかいクリーニング「リナビス」。

「注文の数が倍近くになっているけどいけそう」

と専務から言われて社長は

「いけるいける」と。

1日300着シミ抜きを1人でやっている社長の発言では無いですよ。

1日300着だってすごいことなんです。

それが600着になったら、絶対にできません。

断言します。

ありえない数なんです。

受注数が倍になるからと言って、しみ抜きが倍になるとは限りません。

が、しみ抜き無料だったら、シミがついているものを出そうと思うのは、人の心理だと思うんです。

だとしたら、受注数が倍になったら、しみ抜きは倍以上になると考えたほうが自然です。

300着だって1人でやる量じゃないんです。

しみ抜きは洗濯機に入れてぐるぐる回すみたいなものじゃないんです。

しみ抜き達人みたいな人がテレビで簡単にシミを落としているのを想像するかもしれませんが、あれはテレビ用です。

簡単なものだけ使用しているんです。

達人だって落とせないものはあると思いますよ。

シミだけ落とすのは大変なんです。

なぜ染色補正業者がしみ抜きのプロかといえば、しみ抜きをして生地の色まで落とした場合、それに今までと同じ色を染色できるからなんです。

クリーニング屋さんでもやっているところはあります。

当社でも少しはやれますが、気の遠くなるような時間がかかります。

やる気になれば1日600着しみ抜きなんか出来るんだと思われたら、クリーニング屋さんはたまったもんじゃないと思いますよ。

染色補正業者の方にとっても冒涜と言っても良いような数字です。

宅配の集荷数が倍になったとして、1日6750着。

仕上げする人が5人しかいないので、1日1人1350着。

 

 


にほんブログ村

おせっかいクリーニング(TVを見ての感想 その3)~おせっかいクリーニングの内容について~

 

ここからが「おせっかいクリーニング」といわれる内容。

検品作業。

20人で行っているとのこと。

毛玉取り。

ボタン付け。

3人の縫製職人による修繕。

ほつれ直し。

しみ抜き。

確かにこれが無料なのはうれしいサービスですよね。

専務も言っている通り「普通の会社は採算が合わない」んです。

普通の会社はと言っていますが、おせっかいサービスを除けば、リナビスさんも結構普通のクリーニング屋さんですよ。

個人事業から大型店への過渡期なだけです。

昔は取次店をたくさん出店して、品物を集荷しましたが、現在はインターネットを使って集荷するという違いだけです。

つまり、大型店舗ですら採算が合わないのに中小のクリーニング屋なら言わずもがなです。

このサービスが採算が合わないなら、どこかでそれ以上に儲けているか手を抜いているかです。

 


にほんブログ村