帽子(キャップ)のつばのしみ抜き

 

シミが付いたもの 帽子(キャップ)

組成 ポリエステル100%

シミの種類 不明

経過時間 2日

洗濯 無し

加熱 無し

帽子(キャップ)のつば部分には芯材が入っています。

ちょっと硬くなっている部分。

ポリ芯と言ってプラスチック製の芯材が入っています。

厚紙のようなものもあるようですが、今回のものはポリエチレンの芯材。

水に濡らしても問題はありませんが、水が通り抜けられません。

なので通常のしみ抜き方法では落とせません。

潤滑作用の強いシミ抜き剤(といっても石鹸に近いもの)を使用してシミを落とします。

今回は付いてすぐだったことと、芯材がプラスチックだったので綺麗に落ちました。

帽子(キャップ)のつばのしみ抜きを始めてやりましたが、なかなか難しい作業でした。

ご家庭で洗濯する場合

1少し水をつける

2洗濯用の石鹸をつける

3歯ブラシで擦る

4よく水拭きする

5よく乾かす

付いてすぐのものならこれで落ちると思います。

落ちなければクリーニング屋さんに。

 


にほんブログ村

 

ファミマランドリー

 

ファミリーマートは25日、店舗に併設したコインランドリー「ファミマランドリー」を東京都杉並区に開店した。

無人で24時間営業。

コンビニともつながっている。

500店舗に100億円の資金投入する予定。

1店舗約2000万円。

個人のコインランドリー経営者は戦々恐々ではないだろうか。

また24時間営業では、ボイラーや乾燥機の排気音は近隣住民の迷惑にはならないのだろうか。

低周波音に苦しめられた経験から、被害者が増えないことを望む。

コンビニの飽和が異業種とのコラボを後押ししたようだが、コインランドリーもかなり飽和状態のような気もするのだが。

コインランドリーはほぼ規制が無い、野放し状態なので、これからいろいろなトラブルが起こりそうな予感がします。

 


にほんブログ村

 

スーツをクリーニングに出さない時代が来る?

 

家庭で洗えるウォッシャブルスーツが様々なメーカーから発売されている。

 

<イオン>

ウォッシャブルスーツ

忙しい毎日。ビジネスウェアにかかる時間や手間とは、もうおさらば!
ビジネスを、もっとスマートに。
洗って・干して・すぐ着れる。ノーアイロンでキマるビジネスウェア。

http://www.aeonretail.jp/campaign/business/special/style.html

 

<AOKI>

ウォッシャブルスーツ

「安心して洗える、使える」をコンセプトにしたアオキの洗えるスーツ。

https://www.aoki-style.com/static/premiumwash/

 

<洋服の青山>

アクアウォッシュスーツ

シャワー・洗濯機のどちらでも洗えるスーツ。汗などの汚れからシミ、ニオイ等も水洗いで簡単に落とせる。
強力な折目耐久性で、型崩れ・縮みに強い。ウール100%(48,000円~)

http://www.y-aoyama.jp/campaign/washable_suit/?lc=topBnr

 

これらの他にもいくつか「洗える」と謳っているスーツはあります。

が、それらのスーツはそれなりに欠点もありました。

例えば、

・洗うと言っておきながらシャワーでお湯をかけるだけ

・洗剤は中性洗剤じゃなければだめ

・仕上げに蒸気を当てなければシワが取れない

・洗濯ネット必須

等々。

 

ところが、今回コナカからすごいスーツが発売された。

 

<コナカ>

ウルトラウォッシュスーツ

主な特徴

・洗濯ネット不要

・普通洗剤も使用可能

・乾燥機による乾燥可能

・ノーアイロン

https://www.konaka.jp/fs/konaka/c/suit

通常価格49000円~だがネット価格は34000円~

 

スーツも本当に普通に洗える時代の到来です。

あとはボタンとファスナーの耐久性がどのくらいあるかでしょうね。

クリーニング屋にとってはますます大変な時代になってきました。

 


にほんブログ村