しみ抜きに興味がある人のためのしみ抜き備品紹介 その2

 

しみ抜きの時に印をつけるペン

普段は「マーカー」とか「ペン」と呼んでいます。

正式には「クリーニングマーカー」「シミチョーク」というそうです。

これは「目印ペン」と呼ばないようです。

このシミチョークは溶剤でも水でも落ちるものです。

なのでかなり便利なのですが、時間が経つとカバーと中身が外れてしまうんです。

そこで、グルーガンで接着。

これもピタガン、ホットガン、グルーガンといろいろ呼び方があるようです。

くっつきました。

 

シミチョークの製造メーカーの方、カバーが外れないように改善をお願いします。

 


にほんブログ村

 

 

しみ抜きに興味がある人のためのしみ抜き用備品紹介

 

しみ抜きの時に目印にするテープ。

ここにシミがありますよ、と目印にするクリーニング屋の付箋のようなもの。

これ「目印テープ」

そのまんまの名称です。

3Mと内側に書いてあるので、接着剤のメーカーですかね。

昔は青色だったのに、現在は赤と黄色。

溶剤や水で落とさなくても良いので簡単なのですが、溶剤がかかると接着剤が溶けちゃうんですよね。

溶剤に溶けないテープだともっといいんですけどね。

 


にほんブログ村

椅子クリーニングのための準備 その1 カーペットクリーナー水漏れ補修 

 

椅子を洗うという依頼を受けた。

そこで椅子を洗うための準備を始める。

カーペットクリーナーを準備。

すると、カーペットクリーナーとホースのつなぎ目から水漏れ。

ホースを外してみたらゴムパッキンがなくなっていた。

??? 原因が全く分からない。

原因究明の時間がなかったので、急いでホームセンターへ。

サイズがわからなかったので6種類のゴムパッキンを購入。

内径4.8mmはめられたが、水漏れが止まらない。

内径5.8mm太さ1.9mmで水漏れが止まった。

カーペットクリーナーのホースの先端を大きいサイズ(カーペット用)

から小さいサイズに変更

これで椅子クリーニングのための機械はOK。

 

追記

この後いくつか椅子を洗いましたが、少しですが水漏れがありました。5.8mmのパッキンではなく6.8mmに変更したところ水漏れが止まりました。

 


にほんブログ村