クリーニング屋が洗濯教室を開催する?

 

7月に都内で

「クリーニング店様のためのお洗濯教室を開催するためのセミナー」

が行われるらしい。

クリーニング屋が消費者に洗濯のことを何も教えていない現状を見て、業界関係者がセミナーを開催することにしたらしい。

クリーニング屋という洗濯に携わるプロが情報を公開することで、信頼度がアップ、業界の格の向上につながることを教えるセミナー。

確かに情報を発信するのは難しい。

私も何を、どのくらい、どの程度、どの範囲で、どんなふうに情報公開して良いのかいつも迷いながらブログを書いている。

どのくらいの人がセミナーに参加するのだろう。

たくさん参加したら、そのうち皆さんの街で「お洗濯教室」が開催されるかも。

 

本日のしみ抜き

シミが付いたもの 体操服

組成 綿 55%

ポリエステル 45%

シミの種類 墨汁

洗濯 未

加熱 無

墨汁のシミはついてすぐでも落としづらい。

墨おとし

一応墨を落とすシミ抜き剤はありますが、これで墨汁は落ちません。

墨より墨汁のほうがいろいろな成分が入っているぶん、落としづらいんです。

3種類くらいのシミ抜き剤を使用してなんとか落としました。

薄くついた墨汁はきれいに取れますが、ガッツリついた墨汁は芯が残ることがあります。

仮に当社で「洗濯教室」をやるとして、これを家庭でやるときはどうしたらよいか。

う~ん。

クリーニング屋に持っていってください、としか言いようがない気がします。

しいて言うなら、石鹸をつけて一生懸命もんでくださいくらいしか思い浮かびません。

石鹸でこすっても落ちないと思いますが。

それで落ちなければ諦めてください。

これをクリーニング屋に出してしみ抜きしたら、結構な金額になってしまうような気がします。

 


にほんブログ村

 

家庭でできる服の洗濯のコツやしまう際の注意点

 

「お洗濯マイスター」が教える洗濯のコツやしまう際の注意点です。

「お洗濯マイスター」という人がいるのを初めて知りました。

この業界にいるのにお恥ずかしい限りです。

冬服の衣替えでトラブルの原因は洗わずにしまってしまうこと。

干すときのポイントは肩の厚みにあったハンガーを使うこと。

収納するときは防虫剤を使うこと。

防虫剤は衣類の一番上に置くこと。

etc。

 


にほんブログ村

 

Tシャツやセーターの袖口や襟の伸びを防ぐには

 

Tシャツの首が伸びてしまう原因は「洗濯の仕方」にあります。

 

 

・伸びないように洗うにはネットに入れる。

・襟を輪ゴムで縛って洗う。

これだけでだいぶ襟のヨレヨレは解消できます。

干すときはハンガーを使わずに干すと伸びを防ぐことができます。

 

セーターの袖口や襟もも伸びやすいですが、内側に織り込んで洗えば型崩れが防げます。

 

 


にほんブログ村