クリーニング屋がいらなくなる?

 

イオンから9月上旬に、水で洗うウール100パーセントのスーツが発売された。

価格18800円(税別)

税込み20304円。

約2万円で洗濯機で洗えるスーツが買えるようになった。

このスーツの特徴は生地の繊維にスケールオフ加工をしている点。

ウール品は水でもみ洗いすると縮みます。

これは繊維表面のスケール(うろこ状の表皮)の先端が立ち上がり、スケール同士のかみ合いが生じ、絡み合ってしまうことが原因です。

水で洗っても縮まないようにするには、スケールの先端を取り除いてしまうか、スケールの先端が立ち上がらないようにすることなどが考えられます。

そのような処理加工をスケールオフ加工といいます。

スケールの先端を取り除いてしまう代表的な方法が「酸化法」。

スケールの先端が立ち上がらないようにするのが「樹脂法」。

どちらの方法も防縮できますが、ウール本来の特性が保持できませんでした。

ウールの特性
熱伝導率が低いので、冬は暖かく、夏は涼しい
吸湿性に優れる
空気中の湿気を吸収し、水分が蒸発するときに気化熱を奪うため、夏は涼しく感じる
染色性が良く、色落ちしにくい
弾性が高く型くずれしにくい、しわになりにくい
しわになっても、蒸気を当てると簡単に戻る

等々

 

その欠点を克服したスケール加工が「オゾン処理法」

この新しい防縮加工法は、糸を紡ぐ前段でウールにオゾンを反応させ、繊維表面のスケールの性質を変えてしまうというもの。

濡れてもスケールの先端が立ち上がらなくなる。

スケールが除去されたり、樹脂で覆われたりしないので、ウール本来の特性が保持でき、毛玉になりにくい。

良いことばかりのような気がしますが、水に濡れてもスケールが開かないということは、放湿性の面で本来のウールより劣る気がします。

それでもその快適さより、クリーニング代を節約したいという要望のほうが大きいんでしょうね。

イオンのスーツがどのスケールオフ加工をしているかわかりませんが、本来のウールの特性を超える製品が出るのはもう少し先になりそうです。

それでもクリーニング屋さんが大変になっていくことは間違いないです。

スーツを家の家庭用洗濯機でザブザブ洗うのが当たり前になっていきそうです。

 


にほんブログ村

血を抜きます。

 

茨城県は学校の夏休みも本日最終日。

当社では学校合宿用貸し布団の回収もほとんど終了。

回収した貸し布団の中に血液のついた枕カバーがありました。

今回は枕カバーに付いた血液の染み抜き方法を動画にしてみました。

血液のシミも、その他のシミと同様、時間の経過によって染み抜き方法が異なります。

付いてすぐであれば、石鹸でこするだけでも落ちます。

今回は付着後1週間位経ったシミなので血液除去剤を使用しました。

 


にほんブログ村

クリーニング業界は社会の底辺? ~万引き家族にみるクリーニング業界のイメージ~

 

「万引き家族」という大ヒット映画に「クリーニング業界」がら批判が寄せられているらしい。

以下はデイリー新潮さんの記事。

カンヌ受賞作「万引き家族」に「クリーニング業界」から異論噴出のワケ
2018年8月13日 7時20分 デイリー新潮

大ヒット作の影響力
カンヌ映画祭の最高賞たるパルムドールに輝き、興行収入も40億円を超えたという。作品が高く評価され、ビジネスとしても大成功を収めた。現在もロングランが続く「万引き家族」[是枝裕和監督(56)/ギャガ]のことだ。
ここまでの“社会的現象”となると、映画を巡る言説もバラエティが桁違いになる。当初は「『万引き家族』のカンヌ受賞は世界に恥をさらすものだ」と批判されり、林芳正文科大臣(57)の「対面して祝意を伝えたい」という意向に、是枝監督は「公権力とは距離を保つ」と辞退するなどの問題が勃発したりした。
これに対して擁護派は、映画のクオリティを指摘することで反論していたりしたのだが、現在はとっくにそんな段階を通過している。現在、我々が目にするのは「万引き家族」を巡る多様な言論だ。

カンヌ受賞作「万引き家族」
例えばWEBマガジン「リアルサウンド映画部」は首都大学東京の宮台真司教授(59)の「月刊映画時評」を連載している。
そして7月15日にアップされたのは「宮台真司の『万引き家族』評:「法の奴隷」「言葉の自動機械」となった人間達が社会を滅ぼすことへの激しい怒り」だ。
一方で「週刊実話」(日本ジャーナル出版)は7月7日(電子版)で「映画『万引き家族』松岡茉優 JK風俗嬢実体験で習得した“舌遣い”」という記事を掲載した。
では、少しだけ双方の雰囲気が伝わる部分を引用させていただく。まず前者だが、
《『万引き家族』は[法外=直接性/法内=間接性]の図式を用いて、そこに[本物/偽物]という図式を重ねます。realismから見て「法外=直接性」は本物、「法内=間接性」は偽物。システムによって間接化された「法内」の存在は、ontologyが摩滅した偽物です。映画では「法の奴隷」と「言葉の自動機械」という偽物が溢れるこの社会への怒りが示されます》
という難解で高尚な文章。対して後者は、役作りのために松岡茉優(23)が風俗店に潜入したという記述の後に、
《さらに、チャイナドレスやスクール水着といった有料オプションもあるのだが、松岡は興味津々。
「とりわけ、“学校机と椅子覗きプレイセット”“魚肉ソーセージ”という文字に強く反応したそうです。前者は、机の下からスカートの中を覗き見するプレイ。後者は、ソーセージを、ある物に見立てて舌を使ったプレイですから、彼女もよく分かったはずです」》
――といった具合だ。学術論文に近い内容から、単純明快な下ネタまで、その幅の広さには驚かされる。
パート用のアイロンは火傷しない
さて、次のような文章は、どうお感じになられるだろうか。

見出しは《「万引き家族」の演出~クリーニング、負の象徴の歴史》というものだ。
《映画やテレビドラマの中で、クリーニングはいつの時代も「貧しい人々の職業」、「負の象徴」として描かれてきた。
昭和27年の大ヒット映画「おかあさん(成瀬巳喜男監督)」では、戦後の貧しい庶民の代表としてクリーニング店が舞台となり、

平成2年テレビドラマ「ひとつ屋根の下」では、貧しい兄弟が唐突に始める商売としてクリーニングが選ばれ、

平成19年映画「しゃべれども しゃべれども」では、口べたで引っ込み思案のヒロイン(香里奈)を象徴する家業としてクリーニング店が描かれている。


社会的事件としては、昭和57年、「夕暮れ族」が大きな話題となり、これを主催する筒見待子氏はバラエティなどに何度も出演したが、実態が売春組織であることが発覚、逮捕される。このとき、「父は上場企業の重役」と吹聴していた筒見氏は、実は「クリーニング業者の娘」とわかり、マスコミはことさらに「クリーニング屋」を強調して報道した。
クリーニング業者への低い扱い、貧相なイメージは、私たちにとって不愉快であり、払拭したい課題ともいえるが、それにしても今回の「万引き家族」はあまりにひどい》
(※編集部註:原文中の名称を正式なものに改めるとともに改行を加えた)
ちなみに「夕暮れ族」というのは現在で言う「パパ活」のサポートを謳う団体で、実態は単なる売春組織だった。
それはさておき、この激烈な記事が掲載されたのはNPO法人クリーニング・カスタマーズサポートのホームページ。クリーニング業界のあちこちに拡散している。どうも『万引き家族』は一部のクリーニング屋さんから、相当に問題視されているらしい。
記事は署名原稿で、筆者の名前は鈴木和幸氏。東北地方でクリーニング会社を経営し、『クリーニング業界の裏側』(緑風出版)などの著書も上梓している。


他にもNPO法人クリーニング・カスタマーズサポートも運営。消費者に正しいクリーニング情報を、勤務者には適正な労働条件などを提供することで、業界の正常化を目指している。
つまりはクリーニング業界きっての理論派というわけだ。では、どうして鈴木氏が、このような批判記事を書いたのか、取材を依頼した。
「映画は虚構でも、やはりリアリティは大事でしょう。安藤サクラさん(32)が演じる柴田信代はクリーニング店で働いていますが、アイロンによる火傷の跡があるという設定です。その傷跡が、虐待されている少女が心を開くきっかけになるという重要な役割を担っています。ところが残念なことに、クリーニング工場で使用されるアイロンは100度前後が設定温度です。あそこまで跡が残るほどの火傷はあり得ません」
昭和の“底辺”イメージが再現!?
舞台となるクリーニング店は経営が苦しい。劇中では経営者から「時給が高いパート2人のうち1人が辞めてほしい。2人で話し合って決めてくれ」と依頼される場面がある。
「店側は解雇の法的手順を全く踏んでいません。完全な労働基準法違反です。信代が労基署に訴えれば、ひとたまりもありません。この場面は一種の伏線が張られる場面でもあります。物語上、信代は解雇される必要がありました。とはいえ、他に信代を辞めさせる方法はあったと思います。クリーニング店の経営者が『労働基準法を順守しない人間』として描かれてしまったことは、物語に必要な設定だったとは思えません」
普通なら「脚本上のミス」と片づけるべき問題かもしれない。鈴木氏も、そのことは理解している。だが看過できないのは、先に見たとおり映画では「クリーニング店に対する低いイメージ」が一貫して描かれているからだ。
「この信代という女性は、遵法意識の乏しい人間として描かれています。一種の“アウトロー”というわけです。クリーニング工場での勤務中、ポケットの中から忘れ物を見つけると、それを盗んでしまいます。同僚も、それを黙認しています。こんなことは現実にあり得ません。お客さんの忘れ物の対応は極めて重要で、紛失すると大問題に発展することは言うまでもありません。誰も盗んだりはしませんし、盗めないようなシステムが構築されているのが普通です」
平成に生まれた世代にはピンと来ないだろうが、少なくとも昭和までクリーニング業は一種の“賤業”だったという。
「映画に登場するクリーニング工場を見て、私は『セットを組んだんだな』と思っていたんです。それほど古めかしく、現存していないような建物だったんですね。ところが調べてみると、都内で現在も稼働している工場だと分かり、本当に驚きました。結果として、『万引き家族』という映画に登場したクリーニング業界は、『工場は古くボロボロで、経営者は労働基準法を守らず、従業員でさえも遵法意識に乏しい』ということになってしまった。私たちはクリーニング業界の負の歴史を知り抜いていますから、どうしても納得できないんです」
返す刀で鈴木氏は、クリーニング業界の悪弊も指摘する。今年7月22日に読売新聞は「石油溶剤 住宅街では禁止 クリーニング店 改善進まず 引火の恐れ」の記事を掲載した。
「火事のリスクから建築基準法違反であるにもかかわらず、依然として1万を超えるクリーニング店や工場が、住宅街などで禁止されている石油溶剤を使ってクリーニングを行っているという記事です。結局、クリーニング業界は順法意識に乏しい。是枝監督に『経営者は労働基準法を守らず、従業員も手癖が悪い』と描かれても仕方のない業界ではないかという苦い意見も決して少数派ではありません。我々が映画の描写に納得していないのは事実ですが、猛省を要求されているという事実も、逃げずにしっかりと直視するつもりです」
鈴木氏の記事は、最後は以下のように結ばれている。
《クリーニング業界は、「社会の底辺」といわれて平気な人ばかりではないはずだ。この現状を少しでも上向きにしていけるよう、志ある有志の登場に期待したい》
思わぬところから異論の出た「万引き家族」。表現の難しさを改めて考えさせられる話ではないか。
週刊新潮WEB取材班
2018年8月10日 掲載

 

クリーニング業はいつの時代も「貧しい人々の職業」「負の象徴」として映画やTVドラマで描かれてきたというのは間違いないと思います。

クリーニング屋の息子は大体不良というイメージもあります。

「万引き家族」は一部のクリーニング屋さんから、相当に問題視されているらしい。

クリーニング店に対する一般の人からの低いイメージはそんなに問題なのだろうか?

低いというのは収入のことだろうか?

それとも馬鹿にされるという意味だろうか?

いずれにしても、真面目に真摯にやっている人間からすれば、確かに悔しいと思うかもしれない。

私も20年前にこの仕事を始めた時に、友人から

「なんでクリーニング屋なんかやってるの?」

と言われました。

「なんか」である。

そんなイメージなのだ。

さらに言えば、貸ふとん屋はクリーニング屋より低いイメージである。

そんな業種あるの?というような業種である。

現在はあまり言われなくなったが、昼前後や夕方納品に行くと

「埃がたつからあとにしろ」

とか

「邪魔だから2階に運べ」

などと言われたこともある。

それでもこの仕事が良いと思うのはお客様に喜んでもらえる職業だからである。

一般には落とせないシミや汚れを落とした時や布団がが必要な時に届けて感謝されたりすることである。

今年も学校用合宿貸布団の回収に行ったとき、

「いい思い出が出来ました。ありがとうございます。」

なんて言われました。

そんな時は本当にこの仕事をやっていて良かったと思う。

業界としては納得できないかもしれませんが、個人的には全く問題ないと思います。

腹も立ちません。

所詮映画の中の話ですから。

ドキュメンタリーだったらちょっと違う感想になると思いますが。

クリーニング屋は結構すごい職業だっていうことをこれから発信していきたいと思います。

 


にほんブログ村